ハイレバレッジトレーダー両津さん

元7億円トレーダー両津氏に関連する事を整理てみました。

両津

元財産7億円の株式・先物・オプショントレーダー。ハイレバレッジトレードで一時は7億円まで財産を増やしましたが、2008年に中央コーポレーションの空売り(後に民事復活申請して上場廃止)をトレードを行い、多額の逆日歩によって破産。その後、身の回りの財産を売り渡しするなど、種銭を作って再び市場に参戦しました。
1000万円クラスの損益を出す事も多かった事から、専業トレーダーとして十分な財産を持っていたと思われ、一時は復活を予感させましたが、アベノミクス時価の中でハイレバレッジな空売りに譲歩しないて致命的なロスを出します。そのたびに無料ブログサービスを更新停止しては、しばらくするとどこからか種銭を集めて市場に挑み続けましたが、2014年1月8日ついに長年続けた無料ブログサービスを完璧に削除し、Twitterにて退場宣言を行いました。

名前
両津
投資ジャンル
225先物、225オプション、株式
トレードスタイル
短期
投資歴
1995年~?

日経225先物や株で豪快なトレードを反復するハイレバレッジトレーダー両津氏は未だに健在です。

トレード方法

両津氏の投資コーデは超攻撃。それは、1億円以上のお金を手にしても全部ブレる事がないのです。それ故、元金が増加してもワンミスで運用額の大ところを失ってしまう事もあります。これはハイレバレッジトレーダーの宿命です。

支援者

真似する事ができない狂気じみたトレードを続ける両津氏。そのような彼の生き方や投資コーデに魅了される人は数多く、破産してしまった場合にも友達やフォロワーの人から食料等の暮らし物資を支援して貰う事も有り。

才能

一般的な投資家は一度破産してしまったら復活可能な確率は極めて低く、仮に復活できたとしても途方もない時がかかってしまう事が多々あります。
ただし両津氏は投資生命の危機が到来てもそのたびに絶対復活し、億トレーダーに返り咲いています。この事から、適当に全力ハイレバレッジトレードを繰り返しているだけではない事は明白です。両津氏は緻密な戦略を練り、売買を繰り返し、何度となく立ち上がってくるでしょう。

決心

彼は財産を10億に乗せるまでは省コスト化地味暮らしを続けると話している。やっぱり両津氏のゴールはどこにあるのだろうか?いつまでも豪快なトレードを我々に魅せて望んで欲しいですね。

レバレッジとは?

レバレッジリスクとは、レバレッジ(てこの作用)による高度な危険性が伴う事です。実のところの取引費用に比較して取引バックアップ金の額は小さいため、相対的に大きな立場をお持ちになれば小さなマーケットの動きでも財産長所は大きく変化する危険性の事をいいます。

レバレッジ取引で絶対認識しておきたい危険性

一例を挙げれば、信用取引で3倍のレバレッジでは、3割強の下落だけで証拠金がゼロになってしまう危険性があります。言うまでもなく、いきなり証拠金がゼロになる前にマージンコールなどの警報がありますので、それらが発せられたときには速やかに対処しましょう。
このところでは、極めて高いレバレッジをかける事が可能な投資が個人投資家屋にも手が届くレベルで供給されています。このようなハイレバレッジ投資は当たれば大きく、損をする事例も大きいという投資です。
このようなハイレバレッジ投資をしている方はもちろん「ロスカット(損切り)」は設定している方が多々あると考えますが、それが間に合わない危険性というものがあります。

ロスカットや強制決済のしくみ

ロスカット注文や強制決済というのは、対象アイテムが一定の代金以下になったケースや預けている証拠金が一定の証拠金維持率を下回った時に行われる決済注文です。
他にも、各証券法人などでは強制決済のラインというものも設けており、ロスが一定以上になったら個人の意思にかかわらず強制的に決済注文を出すという仕組が備わっています。それにより、びしっととロス切断や強制決済が成立すれば資金以上のロスをする事はないのです。しかしながら、100%ではないのです。
ロスカットや強制決済は瞬時に成立するわけではなく、要件を満たした時に注文を出すに過ぎないという事です。レバレッジ投資をするうえで価値があるな事レバレッジ投資で必須な事は「レバレッジの倍率」ではなく、「投資している必ず額」を土台に考慮しましょう。すべての状況においてレバレッジ投資が悪ではないのです。
このようなレバレッジ投資の少ない財源で投資が可能な事を活用して「売りヘッジ」「買いヘッジ」といった危険性回避のために応用する事もできます。
今度問題しているのは「裸買い」「裸売り」などと呼ばれるヘッジ目的ではなく、レバレッジを活用してその大きな投資額で利益を得ようとする投資技術を指しています。このロス切断、強制決済が間に合わないかもしれない危険性について重々に承知、解釈した上で取引するように気を付けましょう。