NY株の特徴

ny株について知っておきたい事この時帯は、クセ者揃いの米系ファンド筋が活発に取引する時帯でもあり、アメリカ公表の経済指標の数字によって、時価がダイナミックに動くのがポイントです。

ny株について知っておきたいこと

ニューヨーク市場は、ヨーロッパ・ロンドン市場とは半日重なっており、ニューヨーク市場がクローズする前にはウェリントン・シドニー市場が始動します。株式のグローバル化が急激に進んでおり、経済面だけをとってみれば、ワールドワイドな1つの国になっているかのようです。

採用統計が公表される時帯は、夏時間のケースだと日本時の午後9時半、真冬時だと午後10時半となります。夏時間は2017年(平成29)3月13日日曜日〜2017年(平成29年)11月5日日曜日までです。なお。真冬時は、2016年(平成28年)11月6日日曜日〜2017年(平成29年)3月12日日曜日までです。

したがって、アメリカ株の動きから目を離す事はできません。アメリカの株価が大急落すると、その波紋は世界中に空間、ワールドワイドの株式市場で大急落が起こります。
予想しにくいニューヨーク市場トレーダーにとって、その日の予想を立てるケースは、日本時の朝からヨーロッパ時が始まるぐらいまでの値動きを一つの区切りとして腹積もりた方が良いでしょう。その中でも、世界中の市場の最後を務めるニューヨーク市場の動きを知っていなければなりません。

米国が世界中に影響を及ぼす理由

アメリカ株が大急落すると、アメリカへの輸出に依存している国の経済も悪化する懸念が強まります。採用統計とオプション切断は要注意!特に、月次第一金曜日に公表される事が多々ある採用統計の数字は、外国為替市場でドル/円を大きく動かすので要注意です。
反対に、アメリカに大きな好原材料が飛び出して、アメリカ株が大きく値上がりすると、それが世界中の株価の大きな値上がりを招きます。ワールドワイドの3大株式市場といえば、ニューヨーク(NY)、東京、ロンドンの各証券取引所。それを警戒して、各国の株式市場でアメリカと同じように急落がおきるわけです。

ニューヨーク市場の市場流動性は、他の市場に比較して大幅に高くなりますので、動向をいつも参考にしておきましょう。世界中に影響を及ぼす所以アメリカ株の動きは、日本をはじめ世界中の株式市場に大きな影響を与えます。
理由を言えば、ヨーロッパ時に入って、ヨーロッパ時に関連する経済指標が公表されると、時価の動きはそれに大きく左右されるからです。
アメリカが世界中に影響を及ぼす要因なぜ、アメリカ株の動きが世界中に広がっていくのでしょうか?それはグローバル化によって、世の中の経済、株式時価が1つの運命共同体となっているからです。