株の塩漬けを回避する方法

買ったはいいけど株価が下がり、売れずに持ち続けることを、塩漬けと言います。

買ったあとに株価が上がった銘柄なら売ることができるのですが、下がった銘柄は「また上がってきたら売ろう」と思ってしまい、持ち続けてしまいます。

その状態が「塩漬け」でこうなってしまうと投資効率を著しく欠損してしまいます。

塩漬けとは短期トレード特有のもの

株は安く買って高く売る、単純な取引です。(高く売ったものを安く買い戻す、も有り)売買の差額が儲けです。

しかし、買った後、予測した通りに株価が上がらず、逆に下がってしまい、売るタイミングを失してしまうと、「塩漬け」株が残念ながら発生することになります。

つまりキャピタルゲインを求める際に発生するのが「塩漬け」です。

キャピタルゲインとインカムゲイン

キャピタルゲインとは資産を売買することによって生じる利益の事です。 一方、株取引では、キャピタルゲイン以外にインカムゲインも期待出来ます。

インカムゲインとは資産を保有することで生じる利益、配当金とか株主優待などがそれに該当します。

最初から、インカムゲイン狙いで買った場合には「塩漬け」という概念が無くなります。つまり、「塩漬け」という概念は短期トレード時、キャピタルゲイン狙いの取引時に発生するものです。

損切りのタイミングを考える

回避するには 損切りを必ず徹底することです。 20%程度下落した時点で早期の株価回復は不可能と判断し、即座に売ってしまうことです。

但し、企業業績がそれほど悪く無く、株価下落が一時的な市場環境などの外部環境が劣化した影響と判断するなら、損切りして他の銘柄に移っても同じ事の繰り返しとなり、「損切り」貧乏になってしまいます。

その人の性格にも拠りますが、我慢強くない性格(市場環境改善まで株取引を控えられない)であれば、買った銘柄をそのまま持ち続けて環境改善を待つ、というのも1つの手法かと思います。

「損切り」はあくまでも短期トレードする機関投資家が多用する手法であり、「時間」を味方にするべき「個人」投資家は早まった「損切り」は厳に慎むべきかと思います。

損切りせずインカムゲインを追及する長期投資にシフト 個人投資家の味方は「時間」ですので、業績が悪く無く、PBRも低いが、配当利回りも悪く無い企業の株はインカムゲイン狙い(配当と株主優待)に切り替え、長期間保有し、株価の回復を待つ戦略も「有り」です。

つまり、元々、キャピタルゲイン狙いで買った株だったが、中々、株価が上がらない、逆に下がってしまった、とかの場合、即座に「損切り」せずに、しばらく、そのまま持ち続け、インカムゲイン狙いに転換する手法です。

最初から二股狙いもあり 銘柄選択する際、自分はPBRとRSIに加え、必ず、配当利回りを確認しており配当と株主優待を分配していない企業の株は基本的には売買しないことにしています。

自分の感覚では配当を出していない企業の株は一旦下げると中々戻らないし、業績ブレも大きいので、投資リスクが高いと判断しています。

 加えて、重要なのが株主優待です。株主優待そのものも有りがたいですが、株主優待を出している企業の株はあまり心配せずに保有することが出来ます。

つまり、最初から「塩漬け」のケースを想定して取引していますので、投資効率という面ではあまりお勧め出来る手法では有りませんが、ご参考までに。 個人投資家は「時間」を味方に付ける事で「儲け」を上積み出来ると理解するのも肝要と考えています。