株のれんって何?

M&Aや投資ファンドによる企業買収が盛んに行われるようになった現在、企業の財務分析をする上で、注意しておきたいのが、「のれん」の存在です。投資をする上で、覚えておいて損はないことですので分かりやすくまとめてみました。

【株 のれんとは?】

のれんとは、企業を買収・合併する際に発生するもので、被買収会社の純資産額と買収価格の差額として資産に計上されるもの。無形資産の一種になります。

資産とはいえ、のれんは差額を会計的に計上しているものに過ぎません。よって被買収企業の将来的な収益力やブランド力を表したものとされますが、「仮想的」な資産になります。被買収会社が、期待通りに収益に貢献するのであれば「良い資産」とみなせますが、収益に貢献しなければ、一転して「不良資産」となってしまいます。

【評価次第で大きく棄損するリスク】

日本の会計基準では、のれんは一定の期間をかけて損益計算書で費用として償却する決まりです。国際会計基準(IFRS)や米国会計基準(SEC)では、定期償却はしませんが、決算ごとに「のれん」が収益を生み出しているかチェックし、収益に貢献していないと判断されれば損失として計上(減損)することになっています。なお、日本基準でも定期償却と同時に、減損も行います。

「のれん」は収益の評価いかんでは大きく毀損するおそれがある資産であり、最悪の場合、まったくなくなってしまう可能性もあります。

資産規模に比して多額ののれんを持つ企業は、のれんの毀損によって財務内容が急激に悪化する可能性があり、のれんが健全なものかどうか、その内容をよく把握しておくことが重要です。

【のれん代とは?】

各企業が持つ「ブランド」「ノウハウ」「顧客との関係」「従業員の能力」等、無形固定資産のことです。無形固定資産を多く保有する企業は、さほど保有していない企業と、同じ条件で競争をした場合に、無形固定資産を保有する分だけ収益を上げることができるとされています。 企業が他社を買収する際にかかる金額には、買収する企業の純資産に加えてのれん代がかかるとされています。つまり買収金額-買収される企業の純資産=のれん代と定義することができるのです。

無形固定資産は、企業の地道な活動の積み上げによって作られるものであり、長い時間がかかります。のれん代を支払う意義は、無形固定資産を作るための時間を買うことであるとされています。

こちらの記事も一緒に読まれてます。

出遅れ株とは

株の変動率について