株の決済日とは

直前に株を売り渡ししても受渡日が来るまでは引き落とし出来ないことは知っていますか?

株の決済日について

この受け渡し日を持って、株式を購買した事例は株主としての権利を有する事になり、それまでの間は旧保有者が権利を保持します。例を挙げると、上述のカレンダーにおいて、1月31日の時点の株主にそれに対し配当や優待を出す法人があるとします。
株の決済日について用心すべき点受け渡し日について用心したい最も大きな点は「配当金」や「株主優待」などの権利ゲットの点が挙げられます。この企業の株主優待と配当を受けるためには、いつまでの株式を調達すればよいのでしょうか?正解は1月28日となります。

このほかにも一例を挙げれば、いついつまでに現金を準備しておかなければならないから持ち株を売るといういうケースなども株式を売り渡ししてその代金を現金として活用可能なまでに3営業日不可欠となりますので、こうした時も用心が必須です。

なお、このケース1月28日を「権利付き最終日」、その翌日である1月29日を「権利落ち日(配当落ち日)」と呼びます。株の決済日について株式の受け渡し日は取引から3営業日後。

株の決済日で用心する事

大型お休み前に株券を売って、遊ぶ財源や暮らし費として引き下ろしやりたいと腹積もりているケース。株主優待や配当をうける事例は、決算日の即日までに株主として登録されている必須がありますので、その前日までに株式の受け渡しを行っておく必須があります。

他にも、株式を売り渡しした相手方は受け渡し日に現金(売り渡し代金)を手にする事ができます。株式の受け渡し(株券と現金のチェンジ)は取引の日の翌日から数えて3日後となります。株取引は、売買したら即日現金化(または株券取得)ではなく、一定の決済日(受け渡し日)という期日に行われます。※もちろん土曜日・日曜日は除かれますし、祝日も除かれます。
※約定した日(注文が完了した日)に、購買して株を手に入れたり、売り渡しした日に現金が入金されているわけではないのです。決済日(受け渡し日)の影響を知らないと、受けられると思っていた株主優待や配当がもらえなかったり、現金化したいと思ってもできなかったなどのトラブルに成長する懸念もありますのであらかじめ把握しておくことが大事です。現金が不可欠になるのが前もってに分かっている時は「3営業日」日数が必要になる、このキーワードを忘れずに取引をするようにしましょう。

こちらの記事も一緒に読まれてます。

株の納税について知りたい!