株で勝つための銘柄選び

沢山の銘柄の中から注目する銘柄を探す事は大変です。まずは自分の興味のある企業や応援したい企業をいくつか選んでみることをお薦めします。

最初から1つと決めずにいくつかを選んでそれぞれの株価の動きや企業業績などを調べてみるとどんな事に力を入れているか、もしくはその企業の強みなどもわかります。株をある程度長期保有もありと考えている場合には株式配当なども目を通しておきましょう。

株主優待などの内容で定期的な品物が受け取れる事も株主ならではの恩恵で、株主としての喜びにもつながります。

銘柄選びの考え方

まず色々な業種の一日の株価の変動の激しい銘柄をチェックしましょう。市場ではどんな銘柄に注文が入りどのような動きをしているのかが分かります。

この時大切な事は株の動きをまず知る事です。この時点で一番動きのある銘柄を購入する事は悪い事ではありませんが、株価の動きを良くチェックしておく必要があります。

株価は出来れば一番安い時に購入し一番高い時に売る事で利益を生むものです。

間違いのない銘柄選び

まずは自分の好きな企業の銘柄をいくつか選びます。そしてその銘柄の株価の動きを良くチェックする事です。

株価の動きはチャートの形のものがあります。1日のものと1週間、1か月、3か月、1年またはそれ以上。期間は色々ありますが、出来れば1年分を通してどの様な動きをしているかが目で見て確認できます。

チャートは上がったり、下がったりを繰り返しているはずです。また、長期の株価の流れの中で見ると既に株価がピークになっているかどうかもわかります。ここでポイントとなる事は株価のチャートが上下しながらも徐々に上向いているかどうかです。

少しずつでも上向いている銘柄は一度下がる事があっても、また少しずつ上がっていく可能性があります。ローソク足チャート上でクロスになっている時には転換期を意味します。特に注意が必要です。

企業業績や決算内容もチェック

会社四季報と言うものがあり、株価の他に企業の情報が満載されているものがあります。

またネット上でも簡単に企業の決算内容は確認できます。決算期の配当があるかどうかも、その企業の業績が良いかどうかの目安となります。

また、企業が取り組んでいるプロジェクトや社会貢献なども株価に影響を与えているのでチェックが必要です。

投資期間はどの位か

株を購入した後にすぐに利益確定で売りに出すのか、暫く手元に置くかでスタイルが変わってきます。暫く様子見と言う場合にも株価変動のみならず、株主を喜ばせるものがあります。

株主優待を調べる

まずは身近な銘柄として株主優待が充実している銘柄を選ぶ事で、株主としての喜びが生まれます。

株主優待にもお歳暮やお中元の様に食品などが送られてくる場合や、サービス業種などではファミリーレストランでの食事券やスーパーの割引券などがあり日常使用でも実際にその企業に触れる事が出来ます。

またもし購入した株が中々利益を生まない場合でも長く手元に置く事で株主配当や優待などを利用して充分に利益が出てから手放す方法もあります。

銘柄の選び方まとめ

銘柄選びはまず事前に企業の情報を手に入れる事が大切です。そこから得た情報を基に株価の動きを観察します。

直近でも過去1年以上前からの株価チャートを確認して株価がピークになっていないものを狙う事がポイントです。

株価チャートはアップダウンを繰り返しています。特にロウソクチャートではクロス印が転換期を指しているので注意が必要です。

また、株式を購入後に直ぐ利益確定を考えていない場合や例え利益確定前に株価が下がったとしても、株主優待や配当金などを受け取って時期を待つ方法もあります。

半期毎の優待は株主である事を実感出来る瞬間でもあります。実際に優待を利用できる場所がその企業自体である場合にはその企業を株主として直接チェックする事もできます。

こちらの記事も一緒に読まれてます。